DMを印刷から発送までおまかせ

DMは直接顧客などに対して商品やサービスを告知する方法でダイレクトメールといいます。他にも商品やサービスを告知する方法として新聞の折り込みチラシや広告など様々な方法がありますが、ダイレクトメールには多くのメリットがあります。それな直接顧客に送付する方法のために、その案内を受け取るほうは自分宛に来た案内であるという認識で開封することになります。やはりチラシなどは配布する数量に対して確認して購入につながる可能性はとても低いことになります。一方でダイレクトメールの場合は内容を確認してもらえる可能性が高いために、購入につながる率も高くなります。また新たに顧客を獲得するために顧客リストを購入する必要はありますが、ターゲットを明確にして顧客リストを入手すれば費用対効果を考えれば効率的と言えます。

DMを作成し発送する流れについて

顧客に商品やサービスを告知する方法として有効であるダイレクトメールなのですが、それは頻度とも関係があります。1日何通も届くインターネットメールの場合はそのほとんどを読み飛ばしてしまうことになります。しかしダイレクトメールの場合は1日に届く量として多くても数通程度でその頻度は圧倒的に少ないため読んでもらえる可能性が高いのです。このようなダイレクトメールを作成して発送する流れについて、まず目的からターゲットを決めることです。目的がなければ成果を確認することができないため、例えば新規顧客を何人獲得するといったことや、リピート率を何%上げるといったことです。そしてターゲットを決めることになりますが、これは住所録などのデータから選択をすることになります。そして発送を行う作業となります。

DMを発送するまでも手間を削減する方法

ダイレクトメールは内容を作成して印刷しなければなりません。その内容はやはりある程度精度が高いものでないと読んでもらえないことになります。わかりやすい内容であることときれいに印刷しなければなりません。またダイレクトメールにはハガキや封筒という種類があり、その形式によって使い分けをすることになります。費用も変わってきますが、お客様が見てすぐにわかるような内容であればハガキでも十分です。逆に伝えることが多く、小冊子のような形で伝えたい場合は封筒のほうがよいことになります。誰にどのような内容を送るのかターゲットを決めることと、パンフレットやサンプルなどを作成すること、そして発送する作業があり、これら一連の作業を代行業者へ依頼する方法があります。早く確実に行うことができ、結果的に低コストでダイレクトメールを発送できます。