簡単DMオーダーで集客をアップしよう

DMをオーダーすることで集客力は確実にアップしていくようになります。メールマガジンのように、デジタルマーケティングが主流になっている状況ですが、いまだに紙媒体でのマーケティングの効果は無視が出来ないものがあります。受け手にとってみれば、メールのようなデジタル文書よりは、DMのように紙媒体のほうが印象に残っていくのは間違いありません。ダイレクトメールというと、自社の顧客リストをもとに、ターゲットのセグメントを分析し、購買履歴や嗜好に応じた最適なマーケティングを実践していくものですが、多くの企業では、印刷以降を外部の代行会社に依頼するようになっています。ダイレクトメールを発送する場合には、企画の段階から外部の代行業者に依頼したほうが、ノウハウや経験によるアドバイスを受けることができます。代行会社を有効活用して、確実な反響を得るようにしましょう。

DMを外部にオーダーすることで確実な反響を得られます

ダイレクトメールマーケティングは、紙媒体による訪問販売と同じです。しばらく来訪をしていない休眠顧客に対しても、ダイレクトメールの送付であれば失礼にはならないものです。顧客リストを見て、しばらく来ていないと思っている顧客でも、いきなり電話や訪問を行うと気分を害してしまう可能性もあるものです。ダイレクトメールであれば、来訪が途切れた休眠顧客を掘り起こし、休眠顧客へと変えていくことが出来るのです。メールのように未読のままにされることもなく、紙媒体特有の印象を与えることができます。ダイレクトメールの発送の場合には、デザインや文面の企画の段階から外部の代行会社に参画をしてもらいましょう。自社には無い経験やノウハウを得ることができ、短期間での効率的な反響を得ることが出来るからです。

ダイレクトメールにはノベルティも重要です

ダイレクトメールにはノベルティなどの特典も大切になってきます。受け手側が来訪する気分になるようにするのは、文面やデザインだけでは弱い部分もあります。送付するダイレクトメールに、目的に応じた特典を付与しておくことが大切になってきます。セール時の優待割引等、受け取った顧客が来訪をする気分になるような特典をつけておくことが大切になってきます。ダイレクトメールはメールマガジン等とは違い、コストの掛かってくるマーケティングになってきます。顧客セグメントを的確に分析し、間違いの無い反響を得ることが出来るように実践することが大切になってきます。顧客の分析の段階は自社で行っても、企画の段階からは代行会社の知恵やノウハウを借りて実践したほうが効果的な集客は可能となっていきます。